鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

古女房の手に触れる

先日書いたが

奇跡のリンゴ木村秋則さんによると

もう、地球のカレンダーはそれほど残っていないそうだ。

亀仙も、木村さん以外に

最先端を歩いている色々な人達と会って話し

自ら占った結果

この世が延々と続くというのは勘違いであって

そう遠くないうちに、カレンダーは終わるだろうと考えている。


ああ、マイナスなことを言ってすまんm(_ _)m


だが・・・

そう本気で思うと

今、何が一番大切なのかを意識する。


金儲けか?

出世か?

子供の躾か?

争いに勝つことか?


もう、終わるのならそんなものに関わっているだけ時間の無駄だ。

それよりも、側で眠る古女房の手にそっと触れてみる。

↑いつもじゃない(笑)今朝の話^^

もう何十年と一緒に家庭を築いてきた戦友の手(爆)


温かい。


あれ?何が言いたかったか・・・

もう直ぐ、古女房も寝床から起きていつもの1日が始まる。

それが本当は奇跡なんだなあと思う。


ということで


あなたがこれを読んでくれた事も奇跡

あなたの幸せを心よりお祈りしたい。



b>ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村