鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

錆びた羅針盤を磨け

昨日、占いが好きだと書いたら

「意外」というコメントを頂戴したので

少し補足しておきたい。

一応断っておくが

亀仙は動物占いとか、星占いとかという

既存の占いには興味がない。


占いはあくまでも自らの身体を通して行う。


例えば嘗て野口三千三氏が「体操とは占いである」と言った。

野口体操 からだに貞く 〈新装版〉

野口体操 からだに貞く 〈新装版〉

要は、体操とは身体感覚を掘り起こして行くこと。

その結果、物事の判断は身体が教えてくれる。


わかるかな?


例えば、好きな異性が目の前にいると心臓がドキドキする。

「いや、こんな相手は好みじゃないんだ」と否定しても

ドキドキする事実は変わりない。

つまり身体は正直だということ。


反対に、何故か背中に悪寒が走る

ならば、相手がどんなに親切そうであっても

何か、裏があるのかもしれない。

そんな相手とは早く離れることだ。


皆、生活の中で、そうやって占っている。

占い師のところに行くのだって

本当は、沢山いる占い師(占い所)の中から

選んでそこに行く。

つまり、こちらが先に占い師を占っている(笑)


さて、今は頭が良いのが称賛される時代

だが、それに反比例するように身体の能力は低下して羅針盤は錆びている。

その状態で物事を取捨選択していかねばならない。


皆、右往左往するわけだ。


昨今、生命を削るものが身近に溢れ始めたと思う。

例えば、電磁波、遺伝子組み替え、農薬、環境ホルモン・・・

こういうものに対処出来るか否か

仮に、そんなことに興味すらないとすれば

行くさきはもう決まっている。


先ずは、目の前の東京を占ったらどうか?

何故なら、結果は直ぐに出て

その後もその選択が何をもたらしたかを検証できる。


ということで


週末を楽しんで過ごして欲しい。



b>ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村