鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

理に叶えば南瓜も紙のように切れる

いつもコメントや☆印をくださりありがとう^^

本当に皆忙しいのにね。

ありがたし、ありがたし。

何だか嬉しくてまた書きたくなってしまう。


昨日、料理の腕は古女房と亀仙は紙一重と書いたけど
biwanohaonkyu.hatenablog.com

恐らく、それは味付けでは塩ひとつまみ分くらいの違い。

それと包丁の扱いでは南瓜を切るのにやや難儀していること。

これは道具の使い方の問題。

理に叶えば、スパスパと紙のように切れる。


そういえば、先日も友人が遊びに来て

昼食を一緒に食べて数時間後

夕方に小腹が空いたので

うどんを出したことがある。


その時、にんべんの出汁つゆを使い

うどんは冷凍の物を使ったけどね(笑)

それでも「美味しい、美味しい」といって完食してくれた。

聞くと彼の家でもにんべんのつゆの素を使っているらしい。

でも、全く違う味に感じたようで、しきりに首を捻っていた。


まあ、お世辞?だったのかもね(笑)


ああ、そういえばこれは古女房が作ったんだった(笑)

出来上がり直前に「味見して」と言われたので

塩一つまみだけ足りない気がして、付け足した。


ということで


本当は、大きな差ではなく、微妙な差なんだね。



b>ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村