鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

東洋医学から離れて観えた人間力とは

時々「東洋医学は素晴らしい」といった意見を聞くが

そこからスタートした亀仙にとって

これ程、捉え所の無い世界はなかった。

『陰陽五行』『気血水』『脈診』などなど

現代人には無い概念は難解で

しかも、それを、ちゃんと説明出来て

実践している人が身近には殆どいなかった。


「じゃあ、なぜこの世界に入ったのか?」と聞かれれば

「たまたま縁があったから」としか答えようがない(笑)


あの頃は、コンピューターが世に出て来ていて

先見の明がある伯父などは

「そんな古臭い世界より、コンピューターの方が有望だぞ」

と真剣に心配をしてくれたものだ(苦笑)


だが、今振り返れば

捉え所の無い世界に足を踏み入れたのが幸いした。

周りの誰に聞いても納得のいく答えを持っていないのだから

必然的に、自ら、平凡な脳をフル回転させて答えを探すしか無かった。


ああ、自叙伝はここいらでいいね(笑)


この世で、絵に描いた餅を食っていくことは出来ない。

現代医学だろうと東洋医学だろうと

病気を治せてこそ、人様は認めて金を払ってくれる。

因みに、西洋医学が日本で主流となったのは

短時間で症状を除去する手法に優れているからだ。


では、軽く触れるだけで痛みが取れたらどうか?

或いは、念じただけで難病が治ったらどうか?


それなら、切った貼ったよりもずっと効率が良くて

経済的にも肉体的にも患者の負担が少ないだろう(笑)

ただし「そんなものはない」という人には無い世界。

それで良い。

人はそれぞれが信じる道を選べば良いのだ。


ただ、食う為でもあったが、それ以上に好奇心が勝った私は

身体の仕組みについて、徹底的に研究をした。

その結果分かったのは

人には時間の速度を変える力が備わっているということだった。


例えば、痛みは放置しても、大抵は自然に収束していく。

また、大抵の病も、本来備わっている自然治癒力によって収束していく。

だが、もしその時間を短縮出来るとすればどうか。

ならば、触れた瞬間に痛みが収束したり

難病(と思われた)症状が

突然収束する可能性があると考えられないか。


まあ、これは現時点では亀仙の仮説に過ぎない。


合気道の開祖植芝盛平翁の逸話にこういうのがある。

『ふっと気づくと、目の前の先生が忽然と消えて、気がつくと自分の後ろに立っていた』

恐らく、鍵は時間なのだ。


ということで


腐った世界もやがて清浄な世界に戻る。

その時間を早めることが出来る力が我々にはある。




b>ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村