鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

親父失格

あれから米麹を使って甘酒を作り

今それを冷蔵庫で冷やして

ちびちびと飲んでいる。

あっ、ノンアルコールなんで

ちびちび飲む必要はないね(笑)

それにしても、自家製の甘酒は格別だ。


さて、マスクが汚れているとか

十万円じゃ少ないとか、届くのが遅すぎるとか

色々と不満の声が聞こえてくるが

そもそも去年の参議院選挙で棄権した50%もの有権者

あの時点で白紙委任状を出したのだから

今更、文句を言うのはどうかと思う。


また、18歳〜20代の有権者では投票したのは約30%。

当然、その30%の人々は生きる権利を

声を大にして主張するべきだが

その他、70%の棄権者は

今更、バイトが減って学費が払えないとか

食費もままならないとか

つべこべ言うのはカッコが悪いというもの。

どうぞ、今更政府などに頼らずにニヒルに生きて欲しい。


ただし、その責任の全てが若者にあるとは言わない。

その親や学校教育全般にも責任は当然ある。


亀仙も親だから、その責任を痛切に感じている。


何しろ、かつて政治の話を息子としたことがなかった。

亀仙自身、親父とは政治の話をしなかったせいもあり

それはなんとなくタブーになっていたのかも知れない。


今でも思い出すのは

去年の参議院選挙の前に

初めて、息子に政治の話をしてみたところ

びっくり仰天、まるで宇宙人のような答えが返ってきた。


いっておくが彼は選挙を棄権したことがない。

だから、てっきり、政治に興味を持っているものだと

こちらが勝手に勘違いしていたのだ。

現実は、当日投票所のポスターを見て

投票先を直感で決めていたらしい・・・・・・(苦笑)


いや・・・親父失格。

遅れ馳せながら、教育を間違ったと思った。


あれから、息子とは時々だが政治の話をする。

勿論、立場の違い故、意見が違うのはしょうがないが

少なくとも、次からはポスターの直感だけでは選ばないだろうと思う。

なぜなら、以前ほど無関心ではなくなったからだ。


最近、スーパーに行くとトイレットペーパーが並ぶようになった。

また、マスクは時々あるが消毒用アルコールはない。

食品では粉物がない。

果たして、これから先はどうだろうか?


未来を良くするのも悪化させるのも『今』の密度が決める。

人の心の密度とは関心を持つということ。

無関心のままなら、それは疎となり、やがて腐るしかない。


ということで


あなたはどの道を選ぶ?


b>ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村