鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

本音を言えば、個人的には全くコロナなど恐れていない。

前にコロナは第二波第三波があると書いたが

それはネットでの噂を聞きかじったからではなく

今の現象をこの世の仕組みに照らし合わせれば

必然的にそう言った未来が観えるからだ。


例えば、近年台風は大型化して

その都度、大きな災害をもたらしている。

恐らく、もうそれが偶然だと思う者はいまい。

何かが以前とは違う。

よって、この国に住むのなら

ハザードマップをよく調べて

よほど注意をする必要がある。


話をコロナに戻すが

流石に最近は、亀仙も外出時にはマスクをし

不要不急の外出はさけ

毎日、石鹸での手洗いやうがいをまめにしている。


ただし、それはコロナに感染するのが怖いからではない。

それよりも、自分が知らずに持ち込んだコロナを

他者に感染させるのを避けたいからだ。


自らは、身体のバージョンアップに注力し

それでも、向こうが勝るなら

それも仕方なし、と覚悟は出来ている。

因みに、消毒、消毒と皆はコロナを殺すことを考えるようだが

亀仙は、コロナがどうにも身動きできない世界を想像する。


例えばこれ

『発酵道』は酒蔵の経営者寺田氏が自らの体験から書いた名著といえる。

食品であるお酒は本来厳密に管理された環境で作られるが

寺田本家の酒は、外部の見学者を気軽に案内する。

「どうぞ、様々な菌を歓迎します」とばかりに。

実は、多様性を有する世界ほど変化に対して強い。


もう少し別な言い方をすれば

陰陽、清濁、併せ持つものが強い。

そこには一見悪玉菌もいるにはいるが

他の種族に抑えられ、身勝手には活動できないからだ。


また、こんな本もある。


これは、あの斉藤一人氏と

寺田氏との出会いから生まれた。

平易な内容なのでこちらもお勧めだ。(←あなたも金持ちになれるかも知れない、笑)

きっと、毎日消毒に神経をすり減らすあなたの心に

希望の光が差すだろう。


ということで


どうせ家で自粛するなら今こそ本物の知恵をつけよ。



b>ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村