鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

図体のデカい不良息子

最近は世の中が本格的に壊れてきているのを実感している。


「壊れてきた原因はなんだろ?」


そう考えた時

それは日本人が喜怒哀楽を疎かにしてきたからではないか。

そんな風に思えてならない。


中でも怒(苦笑)

何故か日本人は怒らない。

いや、本当は心の中では苦々しく思っているのかもしれないが

それを、表に出さずに

何事もなかったようにやり過ごす。


長い物には巻かれろ。

事を荒立てるのは不味い。

多分、そう思うのだろうが

その場は、それでやり過ごす事が出来ても

やがて、その問題は肥大化して目の前に現れる。


これは、宇宙の法則だ。


ああ、例えば子供が悪さをした時に

ちゃんとその場で、注意して叱ってやらないと

後々になって、問題児になるようなものだ(笑)

だが、背丈が親を追い抜いて

素行が悪くなってから後悔しても

既に問題が肥大化しているから

直すには随分とエネルギーが必要になる。



もう、これからは何でもありだ。

勿論、災難はいつ誰に降りかかるかわからない。

降り掛かった時

「自分は何も悪いことはしていないのに」と

思うのも自由。


しかし、必ず結果には原因があるのだ。

原因は、小さな『怒』を封じ籠めてきたから。

図体のデカい不良息子は暴れまくるが

それを育てた責任を親なら取らなくてはならない。


という事で

喜怒哀楽は神の与えた必須アイテムだ^^



ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング