鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

巷の成功法則ではなく人生を豊かにする方法

昨日は独り言だったのに

コメントを戴いたりして

大変恐縮している。


それで、気が付いたことがあるので

一応、補足しておきたい。

全ては想即動

と書いたが、これは一般的には

目標が出来たら直ぐに行動せよ

と捉えられるようだ。


だが・・・・・・

亀仙の言う想即動はちょっと違う。

別に目標等どうでもいい。

ただ、今思ったことをやるだけだ。


例えば、息子と食事に行きたくなったら

直ぐに、メールをして食事に誘う。

向こうに都合があって駄目なら

都合の良い日を聞いて再度誘う。


因みに、寿司が食べたいのなら

直ぐに寿司屋に直行する。

イタリアンが食べたいのなら

イタリアンの店に行く。


こう書くと極々当たり前のことだ。

しかし、息子を食事に誘いたいと思ったのに

「最近忙しそうだから」と勝手に気を回し

誘わない場合もある。

これは、実はアウト。


最初の、息子を食事に誘いたいというのは

本当は、時空から与えられた

インスピレーションなのだから

直ぐに行動に移さねばならない。


では、それで一体何が得られるのか?


残念ながら、それは目先の損得では計れない。

息子は美味しいものが食べられて

「ご馳走様」と一応感謝するかもしれない。

一方こちらは、懐からお金が出ていくだけだ。


一見、得など無い。

だが・・・・・・

これによって時空からは信頼される。

つまり、想即動は時空に対する

絶対的な信頼が無くては出来ない行為。

ならば、時空もその者を信頼するということだ。


さて、時空に信頼されて

この世で不可能なことはあるだろうか。

自分が問いを持った時に

必ず、時空は応えるのだから

AI どころの話ではない。


ということで


想即動を重ねていきたい。


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング