鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

熟年離婚

熟年離婚という言葉を聞くたびに

「長い間我慢したんだろうな」と思う。

若いのなら別だが

年を取ってから離婚するには

色々なハンディが伴う。

それが分かっていてするのだから

余程の覚悟があるのだろう。


そういう亀仙も若気の至りで

「こんな女とは一緒に居られない!!」と

嘗ては離婚を考えた事も、正直ある。

しかし、その時は子供が居たから歯止めが利いた。

正に、『子は鎹』とはよく言ったものだ。


だから、女の人が熟年になるまで

離婚を思い止まるのも

子供の為という理由が大きいのかもしれないね。


所で、私の場合は

離婚を考えたのはほんの一時で

後は、古女房とは上手く折り合いをつけて

一緒に居る方がいいと考えた。


言い換えるのなら相手は共同経営者。

そもそも、二人とも

幸せになりたいのだからね。

目的は一緒なのだ。

ならば、少々の事には目を瞑り

相手を立てた方が事は上手く運ぶ。


こんなことを言うと怒られるかな?(苦笑)


でも、合気道創始者植芝盛平翁は

それを『愛』といったんだ。

なんだか、掴みかかってくる相手を制するのも

悪態をつく伴侶を制するのも似ているね(笑)


ということで


皆、台風に用心してな^^


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング