鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

生活保護一歩手前・・・

前にも兄の事を書いたが

その後、生活保護一歩手前だった兄は

最近、弟の亀仙のアドバイスに従い

やや苦境を脱しつつある。


まあ、60過ぎて独り身で

仕事も日雇いで貯金が0なのは

自業自得だとしても

弟としては、なんとか頑張って

生きて欲しいと思う。


それにしても・・・


この春、アドバイスを全面的に採用すれば

今よりももっと状況は改善しただろうに

ほんの一部しか採用しない為

現状【やや苦境を脱しつつある】

に表現が留まっている(苦笑)


やはり、弟のアドバイスにホイホイと従っては

兄としてのプライドが傷つくのだろうか?


それも、分からなくはないいが

弟の口から出た言葉でも

その思いは天の声なのだというのが

分からないのだろうかね。


ああ・・・今日こんなことを書いたのはね。

最近、生活保護の人と話す機会があって

その人は、暗くかび臭い部屋で

「今日は誕生日だけど、誰一人祝って呉れる人もない・・・」

と寂しそうにつぶやいていたのを思い出したからだ。


それでも

それが、その人の生き方なのかもしれないね。

安易な同情は失礼だし

手を差し伸べれば良いとは言い難い。


病で例えれば、末期がん。

只、それでも「なんとかしたい」という思いがあるなら

細い道だが、きっとあるんだと思う。


ということで


道はきっとある。


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング