鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

死んだらどうなるのか?

死んだらどうなるのか?


亀仙も爺となってからマジに考えるようになった。

まあ、一昔前なら赤いチャンチャンコを着て

長寿のお祝いをする様な年だからな。

もう、何時死んでも何ら不思議じゃない。


あなたはどう思う?


亀仙の考えは

また、来生もいつの間にかこの世に居る。だ。


つまり、私という存在が

いつの間にか、この世に居たように

次もまた、いつの間にかこの世に存在するというのが

何となく肌感覚としてしっくりしている。


只、その時は勿論、今の自分ではない。

次に生まれた環境によって『暗示』を受け

いつの間にか私と思った自分だ。

つまり色々な色が付いている(笑)


ひょっとして、今度は

権力者の息子として生まれているかもしれない。

その際は、迷いながらも権力者を演じるだろう。


だから、この前の動画なんだが・・・

ちょっと、違和感があるんだ。

「年寄りの俺たちにとって、後の世等どうなっても良いんだ!」

って所。
biwanohaonkyu.hatenablog.com

恐らくだが

あなたたちは、またこの世に戻って

今の自分の撒いた種を刈り取らねばならぬ。


ということで


全てが自分ごとなのだと思う。


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング