鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

息子と古女房に熱い灸をすえている訳

最近、毎日のように

温灸を息子と古女房にすえている。

こういうやつだ↓

一般人はこっちの方が馴染みがあるかな?

まあ、どっちでも良いんだが・・・

昔からカマヤミニを仕事で使って来たから

家族にも、こちらを使っている。


本当は、直接するお灸がお勧めなんだが

温灸は、ひたすら気持ち良いので

二人もこちらが好きな様だ。


「何故お灸をするのか?」って


それは、変な言い方かもしれないが

家の中に笑顔を増やしたいからだ。

ああ、やっぱりちょっと変だね(笑)


今、池袋の暴走車の事件や

大津の交通事故などなど

悲しい事件が多いだろ。

亀仙も、人の親だからね。

ああいう事件を知ると泣けてくる。


でもね。

狂っている世界ではそれは当たり前なのかもしれないよ。

起きている事は結果に過ぎない。

因みに、高血圧だって結果だよ。

だから結果に対して右往左往するのではなく

原因を変えるのが対処法としてはベターだ。


遠くで起きている悲しい事件。

事故を起こした人間に対する怒りはあるが・・・

自分が幾ら怒っても何も変わらないだろう。

でもね。

身近にいる人を笑顔にすることは恐らく出来る。


まあ、余り芸達者でもないのでね。

温灸をして笑顔になって貰うというわけだ。

もう少し言うとね。

残念ながら、今は狂った空間が広がってしまっているのだが

自分の半径5メートル位は

健やかな空間にしたい。

そうすれば、テレビヤ新聞を観ない限り

此処は極楽となる。


ということで

今日も、部屋は艾の香りに包まれている(笑)



ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング