鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

痛みは年寄りでも数回で取れる筈だが・・・例外もある。

実感としてだが・・・

若者なら、1回か2回。

年寄りでも4回か5回ほどで

大抵の痛みは軽減する。

まあ、信じる信じないは勝手だが

こういう世界があるということ。

だから、何処に行っても

亀仙はこの道で食っていける(苦笑)


だが、それでも年寄りになると

全体の数パーセント。

稀に、なかなか痛みが消えない者が居る。

それは、良く良く聞けば

若い時から、痛む度に、安易に痛み止めを使って

その場しのぎをして来た者で

こちらとしては、「さもありなん」と思う。


それでも、亀仙が彼らに触れれば

今ある痛みの質が変化して行くので

他所で「もう手立てがありません」と言われ

絶望した者でも希望が持てる筈だ。

よって、余程認知症が進んでいない限り

向こうから施療を止めるということはない。


だがね。

もし、其の者がその場しのぎをしてこなければ

大抵は、ほんの数回で済む。

本音を言えば、もし無償なら直ぐにこちらから縁を切りたい。

だが、まあ、お金を頂戴しているから

とことん付き合うのだよ。


そして、そうやって付き合う内に

ようやく、間違え続けたことに本人も気付く。

まあ、遅いがね(苦笑)

それでも、死ぬ前に気が付いただけマシかもしれない。

少なくとも死ぬまで【希望】は消えないからね。


ということで


無知故、何を使うのも自由。

縁があれば亀仙が看とってやる(笑)



ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング