鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

ボケじじばばに何を言っても無駄だが・・・

認知症を半分患った

ジジババ達に

「薬は本来は毒なんだよ」

といった所でチンプンカンプンだから

「好きなだけ飲んだらいい」と優しく微笑み

それでも、痛んだ膝やら腰を魔法のようにシャンとさせるのだから

亀仙は、たぶん神に近いんだろうと自画自賛する(笑)


ただし、ボランティアじゃないんで

些少ではあるがお金を頂戴する。

(本音は一人100万円位払わせたいが・・・)

まあ、リピートして貰える位の値段になっている(笑)


しかし、この世には奇特な人もいて

無償のボランティアで人様にヒーリングを行う者も居るらしい。

素晴らしい!!

きっと、世の中は広いので

亀仙の想像の及ばないような心清き人が居るのだろう。


ただ・・・

幾ら清き心でヒーリングをしても

相手は、不養生はするし、薬もバンバンと飲む。

あ・・・酒も浴びるように飲んでいる場合もある。

それって、意味があるんだろうか?


一体、誰の為に治すのだ?

本当は誰も困ってなど居ないのではないか?

神がこの世を創られたのなら

病も神の仕組みの中にあるはずだ。

ならば、彼の人が病んでいる裏には道理がある。


だからね。

勝手にヒーリングして治してはいかんのだよ。

ボランティアは素晴らしい。

しかし、それは一体誰の為だ?



ということで


一杯飲んで書いているので・・・・ちょっと変だな(笑)


ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



日記・雑談ランキング