鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

占うのが人間

スピリチュアルの分野は玉石混交でいつも、これは玉か石かを注意している。 こんなことを言うと怒る人もいるかもしれないがスピリチュアルに傾倒する人は純粋と言うか時に思考を放棄して盲信するので、騙されやすい傾向がある。世の中は、それにつけ込んで、…

あの日新聞広告に目が釘付けになった

昨日コメント頂いた3人の淑女はそれぞれの道で才能を十分に発揮されている方々ばかり亀仙は、ネットの世界とはいえこういった人たちと知り合えたことを心よりありがたいと思っている。感謝m(_ _)m そういえば、もう十数年前になる。ある日のこと、新聞を読…

理に叶えば南瓜も紙のように切れる

いつもコメントや☆印をくださりありがとう^^本当に皆忙しいのにね。ありがたし、ありがたし。何だか嬉しくてまた書きたくなってしまう。 昨日、料理の腕は古女房と亀仙は紙一重と書いたけど biwanohaonkyu.hatenablog.com恐らく、それは味付けでは塩ひとつ…

料理は科学+思い

昨日は、自作のパンをお褒めくださりありがとう^^猿が・・・嫌、豚も木に登るような心境だ(笑)ありがたし、ありがたし。 パンは、捏ねる段階で手で圧力を掛けその後、微生物の力で発酵して密度を高め最後に焼くことで、火気を引き込む。これだけするんだ…

久しぶりのパン作り

ちょっと前に発酵について書いていたら急にパンを焼きたくなったので昨夜、ちょちょとベーグルパンを焼いた。こういうのは単純に楽しい(笑)ベーグルパン本当はど素人のパンの写真なんてツッコミどころ満載で恥ずかしいんだが証拠の意味も含めてアップする…

茨の道をどのようにして通り抜けるか

『心頭滅却すれば火もまた涼し』と言ったのは戦国時代の快川和尚だったか。織田の軍勢に寺を攻められて全身炎に包まれても泰然としていたと云われる。稀な例だが、現実に暗示が深ければ人間はそんなことも可能だ。 よって、今はコロ助の影響で庶民の生活は苦…

その動機は食う為

何でもそうだが、本やネットで情報は取れてもそれが本物かどうかは分からない。だから現場に足を運んで実際に体験するのが一番良いんだと思う。百聞は一見に如かずだ(笑) 私の場合、昔はその動機は食うためだった。鍼灸や指圧の受診は通常保険が効かず実費…

あのままなら、きっと生きるのが嫌になっていた

昨日の記事は流石に評判が悪かったね^^;まあ、それだけ皆「努力って大事でしょ」「何言ってんの?」「馬鹿じゃないの、努力しなきゃダメでしょ」と思っているわけだ(苦笑)この暗示は相当根深いねぇ。 ああ・・・そう言えば、亀仙も若い時期はそう思って…

努力しなさい!!さもないと・・・

多分、学校教育からなんだろうが「努力しなさい。さもないと◯◯出来ませんよ」と散々、暗示を掛けられた結果が今なんだ。 果たして良い社会か? それでもこの暗示は相当根深いのでこれを読んでも不快に感じる人の方が多いだろうね。不快になった人には申し訳…

暗示の達人

皆様から、いつもコメントやらいいねを戴き心より感謝している。ありがとう(^^)/特にコメントを貰うと、次に書くイメージが出来るのでありがたい。 ここの所『暗示』について書いたが人が生きる上で暗示を避けることは不可能。人は、例外なく、なんらかの暗…

古女房は相変わらず暴走しています。

古女房の金使いは一見奔放ではあるがLとかVとかCとか外国の文字の入ったバカ高いバックやキラキラに光る石が欲しいと言ったことは全く無く洋服なんぞも、イオン辺りに売っている普通の服を着て涼しい顔をしている。 所が、美味い物だけには目がない(笑) そ…

我が家の古女房のせいで本当に困っています。

満員電車を黙認しておいて飲食店などに対しては「ソーシャルディスタンスを保ちましょう」などとよく平気で言えるもんだと思いながらこれも腐った世の中ではの珍現象と鼻で笑っている。 それにしても古女房に「お店は大変だから、今こそ応援しなくちゃね」と…

ハンドパワー?

昔、よく音楽関係の人間を診ていた。彼らは、普通の人たちよりも感覚が鋭いのだろう。お陰で、様々なことを教えて貰った。 ある時、ギタリストのA氏は肩が痛くて仕方ないという。そこで全体を観てから、腕のツボに軽く触れた。すると、全身に痺れるような感…

行き詰って絶望する者が多いのは何故か?

ご飯を炊く時に圧力鍋で炊いてやるとか漬物を漬けるのに漬物石を乗せるとか更には、水道水に炭を入れるとか日常生活の中で普通にやっていることに物事の本質を知る重要なヒントがあったりする。昔の人は経験で、こうした方が美味しいと分かっていた。 では、…

東洋医学から離れて観えた人間力とは

時々「東洋医学は素晴らしい」といった意見を聞くがそこからスタートした亀仙にとってこれ程、捉え所の無い世界はなかった。『陰陽五行』『気血水』『脈診』などなど現代人には無い概念は難解でしかも、それを、ちゃんと説明出来て実践している人が身近には…

我が家の節約術

もう、コロ助以前の世の中には戻れないだろう。そう思っているのだが・・・果たしてどうか? 所で先日、湯沸かし器を交換した。もう15年ほど使っていたが最近、少しだけ調子が悪くなって来たのでこのご時世、必要な物を先取りして買い換えようと考えた。(…

コロ助の三密と密教の三密

亀仙が密教に興味を持ったのは30歳前の頃。ある位の高い坊さんが、彼の空海の如く癌を始め難病をことごとく治すというので現実はどうかと確かめに会いに行ったのが最初であった。密教とはなにか-宇宙と人間 (中公文庫)作者:松長 有慶発売日: 2020/03/19メ…

コロナの対処法 

あの『発酵道』を読んだかな?発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方作者:寺田 啓佐発売日: 2007/08/01メディア: 単行本普段、亀仙は余り人に本を勧めない。なぜならどんな良書でも、その人の心身の状態によっては余り役に立たないこともあるからだ…

エネルギッシュなストラップを貰ったぞ

座敷童子のことに触れたせいか全くこのブログを読んでいない古女房が急に「これ、付ける?」と出して来たのがこれだ↓これは、昔、座敷童子の宿で超有名な『緑風荘』に泊まった際記念にと古女房が買った二個のストラップのうちの一つ。 実は、一ヶ月ほど前に…

世にも奇妙な体験 補足

前回書いた『世にも奇妙な体験をした』はどうだったかな? biwanohaonkyu.hatenablog.com ワンプッシュ式の風呂の排水栓は調べると10年ほどでダメに成るらしい。(ワイヤーがヘタって開閉が出来なく成る)そして、ワイヤー交換には工事が必要で費用も数万…

世にも奇妙な体験をした

ここで書いている事は一般の人にドン引きされない程度に分かり易くオブラートに包んでいるつもりだが今日はちょっとだけ羽目を外す(笑) これは3日前の出来事。古女房が、台所仕事をしながら「ねえ、これなんなのかしら?」と聞いてきた。見ると、手に直径2…

親父失格

あれから米麹を使って甘酒を作り今それを冷蔵庫で冷やしてちびちびと飲んでいる。あっ、ノンアルコールなんでちびちび飲む必要はないね(笑)それにしても、自家製の甘酒は格別だ。 さて、マスクが汚れているとか十万円じゃ少ないとか、届くのが遅すぎるとか…

ちょっと遅いが自家製味噌を仕込んだ

汚染された大地を清浄に戻す為に地球という生命体は地震や台風などを起こす。それは人にとっては災害ではあるが地球にとってはバランスを取り戻すための一手段に過ぎない。この世界はアンバランスを修正しながら進んでいく。 観光客が減った影響か タイの海…

日本を代表する本物のロックスターはやっぱり彼だろ

コロナ対策には『三密を避けるのが大事』と言うが・・・亀仙にとって三密は『身密』『口密』『意密』のこと。これは密教の教えだ。←ただし密教徒ではない。 「三密加地すれば、即疾に顕る」つまり、三密により仏と一体化すれば物事は全て直ぐに叶うと言う意…

コロナを怖れることなかれ

個人的にはコロは怖くないんだが・・・「怖い」と思い込んでいる人に対して「こうすれば怖くないよ」と言っても簡単には通じないし条件によっては確かに怖いのも事実だから最近は一応、古女房と息子以外の人との接触は極力避けている。 それよりも、亀仙が怖…

コロナのこれからについて想像した

皆、家で自粛しているかな?コロはこれから2、3年は続くだろうから自粛も度が過ぎると精神的に参ってしまうよ。適当に息抜きをしながら、心身のバージョンアップしてね。 ああ・・・2、3年というのはあくまでも亀仙の妄想だよ。(笑) 私も勿論自粛する…

本音を言えば、個人的には全くコロナなど恐れていない。

前にコロナは第二波第三波があると書いたがそれはネットでの噂を聞きかじったからではなく今の現象をこの世の仕組みに照らし合わせれば必然的にそう言った未来が観えるからだ。 例えば、近年台風は大型化してその都度、大きな災害をもたらしている。恐らく、…

我が家のコロナ対策

世界中のスーパーの棚から食料品がなくなっているのに日本のスーパーにはそれなりに物が並んでいるのが外国人が見ると驚きのようだ。 (きっと、日本人は冷静な行動が出来るんだね。笑) だが、この国の食料自給率は40%程。つまり、大半を外国から輸入し…

息子は通勤するのが嫌らしい

昨晩、帰宅した息子と話をした。どうやら満員電車で通勤することに危機感を抱いている様子。無理もない。私ならとっくに会社を辞めている(笑)しかし、このご時世正社員として働けるのは有り難いのかも知れない。だから、ストレスを感じながらも息子は毎日…

この先の茨の道をどう渡ればいいか。

昨日、「亀仙の予言」などと偉そうに書いたが実は、普通に現状を観察していれば分かることで別に、超能力とかじゃない(笑) コロナは得体が知れないので正直、怖さもあるがそれでも身体に気が十二分に巡っていれば大した問題ではないと考える。 ところが、…