鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

治療

行き詰って絶望する者が多いのは何故か?

ご飯を炊く時に圧力鍋で炊いてやるとか漬物を漬けるのに漬物石を乗せるとか更には、水道水に炭を入れるとか日常生活の中で普通にやっていることに物事の本質を知る重要なヒントがあったりする。昔の人は経験で、こうした方が美味しいと分かっていた。 では、…

東洋医学から離れて観えた人間力とは

時々「東洋医学は素晴らしい」といった意見を聞くがそこからスタートした亀仙にとってこれ程、捉え所の無い世界はなかった。『陰陽五行』『気血水』『脈診』などなど現代人には無い概念は難解でしかも、それを、ちゃんと説明出来て実践している人が身近には…

灸はリーズナブルで最強の民間療法

明け方からワードプレスを弄っていてこの時間(午後2時)まで来てしまった・・・段々と使い勝手が分かって来たが何せ、直ぐ忘れるんでね^^;やはり、『鉄は熱い内に打て』だね。 所で、今日は健康情報。何でもそうだが情報は、新鮮なものが良いね(笑)前に『鬼の背中に灸…

日常茶飯事、占いに明け暮れる

大昔、山に入って山菜やらキノコ等を採って居た時。「これは見たことが無い種類だが食べられるのか?」と疑問に思ったら親指と人差し指で輪っかを造りそれを仲間に引っ張ってもらって判断をしただろうと想像する。 現代では、それはOリングテストとして医療の世界で…

アル中気味の私が酒を止めた訳

毎日、根昆布を舐めているのは空腹を満たす為だけでなく唾液を出して若返りのホルモンと言われるパロチンを活用する為でもある。勿論、根昆布にはアルギニン酸やフコダインおまけに、現代人に不足している微量元素も含まれる。 所で、既に血圧は安定しているが「こ…

一体全体、年寄りの身体をどう治すというのだ?

先般書いた、【数パーセントの治り難い患者】も最近は、「楽になりました」という。 www.oni9.netまあ、当然なのだが・・・それは、亀仙が優秀な治療家であるというよりも宇宙の法則に忠実に従っているからに過ぎない。それは、裏を返せば世間の殆どが法則から外れている…

痛みは年寄りでも数回で取れる筈だが・・・例外もある。

実感としてだが・・・若者なら、1回か2回。年寄りでも4回か5回ほどで大抵の痛みは軽減する。まあ、信じる信じないは勝手だがこういう世界があるということ。だから、何処に行っても亀仙はこの道で食っていける(苦笑) だが、それでも年寄りになると全体の数パーセン…

ボケじじばばに何を言っても無駄だが・・・

認知症を半分患ったジジババ達に「薬は本来は毒なんだよ」といった所でチンプンカンプンだから「好きなだけ飲んだらいい」と優しく微笑みそれでも、痛んだ膝やら腰を魔法のようにシャンとさせるのだから亀仙は、たぶん神に近いんだろうと自画自賛する(笑) ただし、…

年金が無くてもなんとかなりそうだ。

久し振り^^皆元気だろうか?日本海側や北海道は大雪で大変な様子。また関東は晴れの日続きで、空気が物凄く乾燥してるらしい。喉を乾かさないように注意して過ごしてな。 さて、「ひょっとして自分の年金はないな」と考え老体に鞭打って仕事を再開した亀仙だが今回タ…

聖ヴァリシエの『奇跡の棺』

昨日、所さんの番組で紹介されていたモンテネグロにある『オストログ修道院』は聖ヴァリシエの『奇跡の棺』があることで有名だ。www.crotabi.comここで口づけをして祈れば体の不調は勿論のこと、様々な願いが叶う。分かる人には三番目の写真を観ただけで分かるだ…

定年後の仕事を楽しむにはどうすればいい?

最近本屋に行くとどうしても定年後の人生設計みたいなそういった類の本が目に付く。勿論、自分が正に今当事者で必要としている情報だから目に付くのだろうがただ、高齢化社会故。現実に、週刊誌などでもその手の記事が多くなってきているように思う。 亀仙は去年『…

「年のせいですから、仕方ありませんね」と言われたら

昨日は、(もう書くのは止めよう)と思っていた『お金』について書いた。今、株価の急落で全身がぞわぞわしている人も多いだろう。だが、お金を損するということは学びとしては絶好の機会でもある。だから、世の投資家に心からエールを送りたい。『災い転じて福とする…

夏風邪で喉が痛んだら

昨日「夏風邪を引いている」と書いたら「私も」という声が多くてビックリした。心よりお見舞い申し上げる。そして、皆の回復を願う。 私の方は、白かった痰が黄色くなり唾を飲んでも痛かったのが和らいできた。元々、熱は無かったのでさほどでもないが気だるさが抜けて…

西城秀樹さんのリハビリを観て思ったこと

ここの所、携帯スマホについて書いた。文明の利器だから使わないわけにもいかんしなぁ。まあ、息子には「用心して使え」と言っている。若いのに心臓を悪くするのも可哀想だしな。 先日亡くなった西城秀樹さんも脳梗塞を二度やって、最後は心臓発作だったがこの辺は実…

やみくもに減塩する前に知っておいた方が良いこと

昨日、我が家の常備薬を紹介した。 www.oni9.net正確には薬ではないが・・・困った時には意外に頼りになる。因みに、家の薬箱の中には絆創膏と湿布薬のみしか入っていない。薬を使わないのと病院にお世話に成らないのでこれまで数百万円は節約したかもしれない(笑) …

我が家の常備薬は酸いも甘いもある(笑)

皆、いつもブコメや☆ポチありがとう(^^)それにしても、皆クスリを使ってるな(笑)中には、どうしても止められない事情もあるだろう。まあ、ほどほどに。 亀仙は20歳から薬らしい薬を止めたがその代わりに食品でその代用に成るものを探して一家でいつも使っている。…

イエス・キリストでも慎重になるね

このブログは多数派向けに書いていない。極少数・・・いや、究極は自分の息子とこれを今読んでくれているあなただけで良い。息子には亀仙がシヌ前に「暇な時に読むように」と伝えるつもりでいる。(よって、古女房の悪口は書けない。苦笑) 因みに息子には昨夜、痛い思いを…

『痛い』のは不安かもしれないがチャンスでもある

古女房ネタも、そろそろ一区切りにしたいが・・・亀仙が思うに多分、専門家でさえ人間の可能性の1000分の1も知らない。ましてや、一般の人だと10000分の1も知らないだろう。 あっ、余り細かい数字に拘らないように恐らく、爺も含め、知らない事だらけだ(笑) …

鍼は痛みに効くが、最近は余り使わないのだ

またまた、古女房の治療の続き。興味なければ、引き返して欲しい。しかし、治療の裏話でもあるので貴重ではある。 二日連続して腰のツボに鍼を打って三日目の、昨夜。あのしつこい圧痛は嘘のように消えていた。同時に、古女房曰く「とても軽くなった。もう大丈夫」 しかし…

古女房の腰に鍼を打ってみた

連日、古女房ネタで恐縮だが・・・クライアントの事は書けないのでその代わりということでご容赦願いたい。 昨日の血圧140は殆ど問題ないのだが www.oni9.net 今回、全体の状態は段々と良くなっているわりに腰のある一点の圧痛が取れなかった事がずっと気に成っ…

血圧140の恐怖

昨日、古女房の手当てを連日していると書いた。www.oni9.netまあ、「立ち仕事で足が疲れた」という息子の足を毎晩マッサージしたりもするから我が家では、特に珍しい事でも無い。 ただ、古女房の場合は遺伝的な要因で腰周辺に疲れが溜まり易い。よって、定期的にメンテ…

あなたの骨盤は歪んでいませんか?

歌手の西城秀樹さんが亡くなった。63歳は、まだ若いなあ。脳梗塞の発作を二度乗り越えてリハビリを熱心にする様子が時々テレビでも報じられていたからその様子を見て励まされた人も多かったに違いない。我々世代は青春時代から常に彼の歌声と共にあった。心より…

ゴールデンウィーク特別企画、「マジシヌで!」

今日はゴールデンウィーク中ということで特別編を書く(笑)いつも皆、ブクマ&コメントありがとう(^^)いつもは直接、リコメが出来なくて申し訳ないこれではお母さん。子供が病気に成るで - 鬼の背中に灸をするはてなブックマーク - これではお母さん。子供が病気に…

後期高齢者の父親の悩み

昨日、後期高齢者の父親が腰痛で動けないというのでわざわざ田舎に里帰りして治療をして来た。久し振りの対面。こちらも爺さんに成ったが向こうは、更によろよろの爺さんに成った(笑)肝心の腰は、診ると一般的なぎっくり腰とは違い骨に異常が無いタイプのものだっ…

本当は言いたくない、鍼灸師が身内の突然死を防ぐ方法

昨夜、息子に鍼を打った。ブスブスと(笑)二十代半ばだが身体はお疲れ気味。この年齢で針治療を受けることが出来る人間は珍しいに違いない。←しかも超一流のプロだぜ!(笑)仙人じゃなくて天狗か?(爆) 冗談はさておき所で、これを読んで呉れていいるあなたは思春期を…

オキシトシンというホルモンが出ると幸せに成るらしい

今朝の出来事。起きると目の奥が痛かった。昨日、調子に乗ってPCをやり過ぎたせいだ。年を取って若い時と何が違うかと聞かれれば即答で「目が疲れやすくなった」と言うだろう。もっとも、一日中自然の中に居れば恐らく、殆ど不便を感じないだろうとは思う。毎日、2時…