鬼の背中に灸をする

知識ではない知恵を鍛えるブログ

スポンサーリンク

世にも奇妙な体験 補足

前回書いた『世にも奇妙な体験をした』はどうだったかな?
biwanohaonkyu.hatenablog.com


ワンプッシュ式の風呂の排水栓は

調べると10年ほどでダメに成るらしい。

(ワイヤーがヘタって開閉が出来なく成る)

そして、ワイヤー交換には工事が必要で費用も数万円掛かるとか。


だから、初めは排水栓の一部を破壊して普通のゴム栓を付けることも考えた。

しかし、これには頑強に古女房が反対したので断念した経緯がある。

一番の問題は、排水栓を直接手で開け閉めしなければならないこと。

しかも、微妙に水漏れがするので

仕方なく一年程はラップを噛ませて誤魔化していた。


しかし、ここに来て排水栓自体のゴムパッキンも劣化したせいか

あの前の数日は、一晩で完全に満杯のお湯が抜ける程水漏れがしていた。

そこで急遽、吸盤のようなものを探しに方々の店を訪ねたが

通常の吸盤は大きい物でも直径が5センチ程で

風呂の排水栓の大きさには合わなかった。


そして、正に万策が尽きかけた、その日。

例の『ぴたっと』が忽然と現れた。

きっと、多くの人は

「どうせ、買ったのを忘れていたのだろう」と思うだろう。


だが、どこかの棚の奥から見つかったのなら兎も角。

(その場合は亀仙か古女房が買ったのにボケて忘れたとも考えらる)

実際それは、いつも、使っているシステムキッチンの端に有ったのだ。←剥き身で

毎日料理をしているのに

そんな大きな物に気付かない方がおかしい。


だから、どこからか突然現れたのだとしか考えられないのだ。


まあ、しかし。

目に見えない世界のことを

余り、人様に言っても仕方ないか。

ただ、古女房も息子もそういった世界を疑っていないので

「運が良かったね。よかったね^^」と言って平気でいる(笑)


以前、ここで座敷わらしを訪ねて東北旅行をした話を書いた。

あの旅から帰って来て、部屋の写真を撮ると

一個のオーブが写っていた。


ひょっとして、彼がプレゼントしてくれたのかなあ?


ということで


お陰様で、今は洗濯に使うお湯もたっぷりある(笑)



b>ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

世にも奇妙な体験をした

ここで書いている事は

一般の人にドン引きされない程度に

分かり易くオブラートに包んでいるつもりだが

今日はちょっとだけ羽目を外す(笑)


これは3日前の出来事。

古女房が、台所仕事をしながら

「ねえ、これなんなのかしら?」と聞いてきた。

見ると、手に直径20センチほどの

茶色い鍋の蓋のような物を持っている。

どうやらシンクの横にある浄水器の脇に落ちていたらしい。


受け取ってよくみると

それはゴム製の丸い蓋のような物であった。

しかし・・・

亀仙にも全く見覚えがない。

(勿論、あとで息子に聞いてみたが「知らない」という)

そこで、表面に書いてある文字を元に検索をしてみた。

『SANEI ぴたっと』

どうやらこれに違いない。

用途は台所の排水栓。

しかも、細かくみると、それは新品ではなく

やや、使用した形跡があった。


「それにしても、なんでこんな物が家にあるんだ?」

そう思ったが・・・

瞬間的に閃いた。

「なあ、これって風呂の栓に使えないか?」

古女房も

「そうね。使えるかも!」と笑顔で答える。


実は、もう一年以上前から

風呂の排水栓が壊れてしまって

今まで、ラップなどを噛ませてごまかして使っていたのだが

ここ数日は、ついに何をしても駄目になっていた。

因みに、ワンプッシュ排水栓と言って、ワイヤーで栓を開け閉めするタイプの為

ホームセンターで代わりに成る物がなかった。


それで、早速試した所

見事にピタッとハマって水が漏れなくなった。


それにしても、これは何処からやって来たのだ?


流石に、亀仙も古女房も自分で買った物を忘れる程耄碌していない。

勿論、息子には何度も確認した。


ならば、どこから?


実は、少し前に書いた。

『三密加地すれば、即疾に顕る』と

勿論、意図していないが・・・


ということで


信じるも信じないもあなた次第です(笑)



b>ランキング参加してます。
ぽちっと応援宜しくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村