びわの葉温灸で直ぐに効果を感じたこととは

人は体質も皆違うから、Aさんに効いたから同じ物がBさんに効くとは限らない。

だから物や特殊な治療法に頼りきりに成るよりも

その物や治療法を自分の目的の為にどう利用するかなんだと思う。

私は、病気を治すには

1.血液を正常にすること

2.体を温めること

3.心を安定させること

が要だと信じているから、それを的確にするには何が良いか?

そう考えて、様々な治療法の中からびわの葉温灸を選んだ。

先ず、体の化学工場とも云われる肝臓を直接温め

それから、血液を濾過する腎臓(腎は漢方では元気の要でもある)膀胱を温める

因みに、膀胱に関しては、昔子供の頃にあることが原因で入院した時に

付き添いのお婆さんが「どんな病気でも下腹を温めてやると良い」といって

温めてくれたことがあるから理屈を通り越して納得している。

因みに現在の所、私にとってびわの葉温灸の効果は、眠れるようになったこと。

50を過ぎてからの私は寝付きが悪く、時には夜通し起きていることがあった。

それが、びわの葉温灸をし始めてから改善した。

私がびわの葉温灸をするのは大抵は午前中だから

それが寝酒のように効いているという訳ではない。

恐らく、内臓の機能が正常化に向かっているのだろうと思われる。

それから、水虫が改善していることも付け加えておこう。

これは長年、治らずに苦労していたが、最近は8割がた良いのではないか?

あちこち剥けていた足の裏の皮も、最近はするりとしている。