鬼の背中に灸をする

運気を上げる亀仙人のブログ

美しいバレリーナとガマのおっさんから学んだ教訓

現世でも、多くの人々の体に触れさせて戴いた。

美しい女優さんも居れば、ガマの様なおっさんも居たなぁ(笑)

勿論、差別などしない!その人がどんな人であろうと、少しでも元気に成って欲しいという気持ちは変わらないから。

ただね・・・

体は正直というか・・・

何かを訴えているわけだ。

往々にして、顔は笑っているけど、体は悲鳴を上げている。

本来、体は自然の一部なんだが、社会の中で無理を重ねるうちに、頭との乖離が起こるんだろう。

それは、ちょっと触れただけで分かる。

筋肉が古くなったゴムのようになっているからねぇ。

一番酷いのは、『偉い人』かな(笑)

反対に、「素晴らしい!」と感激したのは、バレリーナだった。フランスから来た美しい人でね・・・・・・
あっ、関係ないか(笑)

でも、筋肉がしなやかで柔らかだった。

続きを読む

我が家に居付いて呉れた座敷わらし

平昌オリンピック日本女子チームがパシュートで金メダルを取った。

おめでとう!!!
個人個人の力は劣っても、力を合わせれば勝ることが出来るという、その証明を見せてくれた。亀仙人は本当に嬉しい^^

その一方、悲しい報せもあった。
俳優の大杉連さんが亡くなった。
強面だが、愛嬌のある役もこなし、一度見たら忘れらない個性的な俳優だった。未だ、60代の半ば。
もし生きていれば、年齢を重ねるごとにもっと味わいのある役をこなしたであろうと思われる。
とても残念だ。心よりご冥福をお祈りしたい。

所で、昨日座敷わらしについて書いた。
biwanohaonkyu.hatenablog.com

人生において一番大切なもの

続きを読む

座敷わらしに教えてもらった幸せへの道しるべ

クライアントを観る時、何を観るかというと
『その人が何に囚われて生きているか?』であって
決して、どの臓器が悪いとか病名といったものではない。何故なら、それらは結果に過ぎないからだ。つまり幻。

真の原因はその人が囚われているものとなる。
だから嘗て、エス・キリストは瞬間に病人を癒す事が出来たのだ。
「信じる者は救われる」
それを人々は『奇跡』というが

続きを読む

デトックスをしたいならこれだけは最低知っておいた方が良い。

鍼灸というと←「しんきゅう」と読む。
一般的には爺さん婆さんがやるものといったイメージだろうが

亀仙人は、お金持ちのお年寄りのみならず、プロ、アマのスポーツマン、或いは日本に公演に来たバレリーナ、プロ歌手などを満遍なく診て来たから

鍼灸は年寄りよりは、若者の方が絶対に効く」と実感している。

若けりゃ免疫力も高いし、回復力があるので当然のことだが、もう一つ理由がある。
それは降圧剤などの薬類を常用していないから。

まあ、だからと言って、別に薬を飲むなと言っているわけじゃない。年を取って体の機能が低下したのなら必要な薬はちゃんと飲まなくては駄目だ。

ただ、効く鍼灸をすると体の中の整理しようとする力が猛烈に働くから、本格的なデトックスが始まる。
だから、余分なものを体に入れていない方が、ストレートに効くし、反対に入れている人は、想像を超えた反応を起こす事が多いと知っておいた方が良い。

少し前に施術した女子も、急に
「目が痛い!!」
と叫ぶものだから
「ひょっとしてコンタクトしたままだった?」と聞くと

やはり、そうだという。

コンタクトは、体にとっては本来は異物。しかし体が馴染んでしまっていると、感覚がボケて違和感を感じなくなってしまっている。
それが針一本打つだけで、シャープに成る。
「そんなの不便だ」と思うか?

まあ、それもそうかも知れんが・・・
亀仙人は多くの人の生き死にを観て来ただけに
体の感覚をボケさせる方が恐いと思うが。

因みに、女性雑誌なんかでよく
デトックス特集』とかをやっているが、こっちのデトックスは体の内側の活性化によって起きるから半端じゃない。

ん?今日の話は伝わったか?
決して高度な話じゃないよね(笑)

ブログタイトルを変えてみた

『びわの葉温灸が好きな亀仙人のブログ』を、本日より
『鬼の背中に灸をする』に変えてみた。

別に深い理由はない(笑)

ただ、自分が死んだ後。
冷静に判断して、天国よりも地獄の方に行く確率が高い。ならば、地獄の鬼達に取り入るにはどうしたらいいかと想像してみた。

「おお、そうだ!せっかくなら鬼達に地獄の火でお灸をしてやろう。きっと、喜ばれるに違いない!!」

そう思ったので、ブログタイトルにそのまま反映させることにした。

ということで、皆の衆よろしく^^